2016年07月21日

パパが病気になっちゃった!その時【医療保険に入ってない】我が家の家計簿は??








もしパパが病気になったら??



そうなると
どんなご家庭も
不安で仕方ないと思います。






我が家は二馬力で共働きですが
私はパート。



もしもゆーぱぱが病気をしたら?

我が家の家計簿は
どうなるのでしょうか?








読者の方には


【医療保険に入ってない】

まずここに↑

どーゆーことーー!!???


っと頭がハテナになる方も
いらっしゃると思うので

ゆーぱぱが病気になったときの
我が家の(ザックリした)家計簿と共に
シミュレーションしたいと思います。











(スポンサーリンク)









まず病気をした

イコール

【長期療養を必要とする】


これを仮定しますね。








長期療養が必要になった場合





まず1つ目。




我が家は住宅ローンの支払いが
免除されます。






月々380円ほどで
住宅ローンが免除される保険に
我が家は加入しています。
(住宅ローン支払い額の中に含まれます)



これ、掛け金は安いですが
費用対効果はとても高いと考えています。




診断書を出せば
一疾患に対し
診断書の期間に応じ最大2年間
住宅ローンを払わなくていいことになります。









(スポンサーリンク)









そして


【傷病手当て金】


これがゆーぱぱの収入に変わります。




これは
標準日額報酬に伴って割り出せます。



いつもの給与の手取りではなく

そのまま支給された金額(あらの金額)
×12ヶ月分
÷12
÷30
×2/3

これで標準報酬日額が試算されます。






これが大体いくらなのかを
確認することが
医療保険の必要の有無
また
どれだけの医療保険が必要なのかを
試算する重要な金額となるので
確認しておくことをおすすめします。



標準日額報酬が分かったら

○○○○円(標準日額報酬)
×(休んだ日数−3日)
これが支払われます。


※休んで3日目までは待機期間
4日目からの支給となります。

※休んだ期間に自分の公休(元からお休みの日)
があってもその日は支給対象となります。
原則休んだ4日目〜指定日まで支給されます。







我が家の場合


パパの傷病手当て金

+

私の収入



それが家計のinとなります。


(傷病手当て金は貰えるまで
2〜3ヶ月の時差があるので
この時差を埋めるための貯蓄は
あることを前提にします。)













次に医療費です。


どんなに高くても


高額医療だった場合


8万円を越えての医療費は
(一旦支払いますが)返ってきます。


これが高額療養費制度ですね。

(この場合も一旦支払える能力
(貯蓄)があるものとして考えます)




ということで


医療費は一旦全額は支払うとしても
返って来ることを考慮し

細々した雑費を含め
医療費=12万円/月
あれば良しとします。













では計算してみます。


【in】

ゆーぱぱ傷病手当て金
+
私の収入




【out】

−固定費
(住宅ローンなし)
−変動費
−生活費
(パパの食事なしガソリン等も↓)
−医療費
12万円



【収支】


=10万円以上貯蓄可能







このような数字になることから
我が家は医療保険という備えでなく
貯蓄という備えを選択しています。







様々なFPの方がいらっしゃいますが
ある程度の貯蓄がある家庭は
 


【医療保険は不要】



そう唱える方も
少なくないと思います。








だけれども


家計がパパ収入一本の家庭や
貯蓄に不安のある家庭は


医療保険が必要である場合もあります。







しかし


日本の公的制度が
こんなにも充実している中


不安を仰ぐ謳い文句に騙されて
多くのお金を
保険に垂れ流してしまわないよう
注意したいところです。






貯蓄に余裕がある家庭
共働き家庭

この2つに当てはまる家庭は
保険の見直しが必須と考えます。
(払いすぎてない?!)







私は娘の出産前に
保険相談Navi
を通して
FPのところへ相談しに行きました。


無料相談の上
家計診断もしていただけたし


また希望と沿わない保険等
売り付けられることは
一切ありませんでした。



面談時に
〜ような保険があれば教えて欲しい。
というように
もし自分が保険を必要とするなら
どんな保険が知りたいですよ〜
と軽く伝えていました。





家計診断の専門家であるFPへの相談
これをすることで
あなたの家庭にあった医療保険
またその必要なのかの有無も
判断材料として指摘してくれます。




自分だけの頭でアレコレ考えるよりも

専門家の目で見てもらうこと
自分の家計の数字も考慮した上で
考えてもらうこと

これをしてもらうだけで
未来の不安がすっごく減ります。






未来の

あるかも分からない
でも
ないとも限らない不安から
解消されるのは
この上なく心が軽くなります。






ちなみに

その時私が加入したのは
【低返戻率型終身保険】で
貯蓄と死亡保障が一体になったものを
選択しました。





いつか保険を考え直さなくては!
なんて思っている方も

【いつか】を【今】やってみて
未来に不安を残すことのないように
行動してみてください。

詳しくは→ 保険相談Navi







いつかの日が不安でなく




【大丈夫】


そう思えるだけで

病に打ち勝つ強さが
増すような気がします。





















勉強になるお金の豆知識

▼▼▼▼▼

にほんブログ村テーマ 真面目なお金・節約・生活の知恵の話。へ
真面目なお金・節約・生活の知恵の話。










お読みいただきありがとうございました。















応援よろしくお願いします💓
▼▼▼
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ






色んなブロガーさんの
家計簿や節約、貯蓄方法が
参考になります↓↓↓
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇




にほんブログ村 トラコミュ お金を貯める方法へ
お金を貯める方法




激推しポイントサイト


2016年3月家計簿。今月の貯蓄額。



マイホームそんなに大きい必要ありますか?


楽天ポイントこんなに貰えます。楽天マル秘活用術


マイホーム★火災保険で私が数十万円損した話。


私の堅実な資産運用術。






posted by みちゃ at 14:03| 保険のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする