2016年03月06日

マイホーム★賃貸→【新築一戸建て】になって家計に増えた【一年分の負担金】はいくら??




家を買うときって勢いも必要。


そんな話を聞きますが

勢いだけでは30年以上も
支払いはできません。





やはり


家を建てたり購入する際は
先々の支払いプランまで
しっかり考えて
【借入額】を決めたいところ。


私の考える
借入額の考え方はこちら。
住宅ローンの借入額の考え方教えます。








(スポンサーリンク)









今の低金利時代には
考えにくいけど

今後金利が3%ほど上昇しても
やっていける家計管理にしていると
社会経済に左右されない
管理ができていると思っています。





例えば

3000万円を金利0775%で借り入れし
35年で支払った場合(ボーナス払いなし)

住宅ローン支払い額は








81576円。








金利が3%上昇し

3,775%になった場合






月額128814円です。







住宅ローンの変動金利選択者は
金利が上がらない補償は
どこにもありません。





よって
数%の金利上昇に耐えられる
家計管理が大切であり
そこが【変動金利を選択する】という
リスク対策にもなるわけです。








今の時代
お金を手にすることも
お金を使うことも簡単。






買いたい

欲しい

手に入れたい




そんな衝動を
どんな風にコントロールし
未来の自分と
どれだけリンクさせられるかが
家計管理のセンスともいえる


そう思っています。










(スポンサーリンク)









さてさて




毎月の支払い額は
この前の記事で公開しました。
住宅ローン毎月の支払い額は
いくら支払ってるの?









我が家の強みは
なんと言っても
賃貸時代の【家賃】と
住宅ローン支払い月額が
あまり変わらなかったこと。








もちろん


家賃と変わらない額を
住宅ローンの支払い月額にしたかったし
そこに拘ったからこそ
頭金も頑張ったのですが、、、

我が家の頭金いくらだした?








マイホームは
住宅ローンを毎月支払えば
それで終わり。


そんなわけはなく

色んな負担が賃貸時代と比べると
にょきにょきー!
と家計に迫ってきます。









主に家計に負担が増えるのは



●修繕費
●固定資産税
●町内会費





この3つが挙げられると思います。








まず修繕費。

これに関しては
購入したばかりのため
あまり視野には入れていませんが

実家のリフォームを見てきた結果


数百万円はこの20年で
必要かな?


と思っています。


また

太陽光を設置している方は
修繕費やメンテナンスにいくら
またどのくらいのスパンで必要なのか
確認しておきたいところですね。









我が家の場合
太陽光はのせていないため
家のメンテナンスのみの
修繕費となります。








ですが

この修繕費は
別枠で貯蓄する予定はなく


貯蓄からの支払いを予定しているので
毎月の家計に反映なしです。







ということで0円











次に

固定資産税。








住む地域や立地
家の大きさや部屋の数
面している道路の大きさ等など


様々な算定基準があるため

建ててみないと
分からないところもありますが

家を建てる前に大体の金額を
HMにリサーチしてもらうことを
おすすめします。







我が家は
その額が確定していませんが

役所から調査に来てくださった方に
おおよその額を聞いたものと


購入前に
HMに聞いていた額が同額だったため
その額を固定資産税額と仮に考え
支払う準備をしています。










我が家の固定資産税
1年目の金額は







17万円ほど。










この17万円を
家計から捻出するプランは
住宅ローンを組む前から思案済み。








特別出費枠に仲間入りさせ



毎月の負担は

3000円でOKに。







毎月の負担を少なくしていることが
我が家の月額貯蓄額を
大きくしてくれるカギでもあります。


(そのかわりボーナスからの貯金は
ゆーぱぱ一人のボーナスでは無理。
私が育休を復帰しボーナスを貰えたら
初めてボーナス貯蓄ができます。)









ということで
固定資産税で増える家計負担は


(おそらく)17万円










そして



町内会費!




これは住む場所によって
大きく変わるかもしれません。





我が家の場合は年度始めの4月に
1年分の組費を支払うシステム。





ちなみに強制ではなく任意。









け、ど、も、



自宅周辺に設置されている街灯は
この組費から賄われているため





住むなら払いましょうよ


といった勧誘でした。







【まぁ確かに。】


と思いますよね。







また【市政だより】なんかも
この組費から作られているため
入らないと貰えないんだとか。





子供が小さいうちは
必須だと思うので
組員になることに。


   







そんな組費



1年分の支払い額は  










7200円!!






以外と安い!
d(>ω<。)


そう感じました。









この7200円は
3月、4月の家計から
半額ずつ捻出しようと考えています。








ということで
3月4月は家計簿に
3600円の組費が加算。





額はあまり大きくないので
こんな感じでやりくりしていきます。









以上が
年間の支出として予想されるもの。







我が家の場合
新築一戸建てを購入し

家計に増額された年間の負担金は







177200円でした。








以外と安い!


そう思われる方もいると思いますが



何があるか分からないのが人生。






+αで支払いが増えることも
考えられるので

貯蓄をしっかり
頑張りたいと思うところです。






今後住宅ローンを利用される方は

【支払い月額】だけではなく
住宅を取得したことで予想される
その他の支出も考えた上で
借入することをおすすめします。







お読みいただきありがとうございました。







応援よろしくお願いします💓
▼▼▼
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



posted by みちゃ at 23:41| Comment(0) | マイホームにまつわるお金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: